読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトコの大切な日

丸山隆平へ重い愛を捧げたい所存です。

ラブフォーリン。



題名とは全く関係の無い話でござるよ。
ああそうさ、なんの関係もない。




「人に好かれようとするな」


と、言う人は苦手です。
村上信五以外。)

人に好かれようとするな、自分を持て、個性を出せ、もううんざり!

わたしは、好かれたい。
自分なんて分からない。
わたしという一つの生き物には個性しかない。みんなそう。
なのにそうやって熱く言うな。

人に好かれたい、の何が悪いのか。
好かれるな派には言い訳に聞こえます?でもね、好かれたい派には「好かれるな」は言い訳に聞こえちゃいます。

誰かに自分を魅せて好いてもらう、というのは並大抵のことではなくて、努力は必ずいる、気を抜いてはいけないし何より人に嫌な気持ちをさせる人が好かれるわけはなく、つまりは好いてもらうという行為は、つまり、つまり、相手を先に愛するという行為だと、思っています。

自分には自信が無いから、相手を先に愛して相手に嫌な気持ちをさせない。

そうすることで好きになってもらえたら、自分に自信が持てるんです。
好かれようとするな、なんていうのはきっとカリスマが言うことであって、ここでオタク絡めますけれども、

すばるくんも亮ちゃんも、きっと誰かに好きになってもらおうとしてない。
それは、絶対的センターと絶対的エースだからです。2人は両極端でそっくりなカリスマだからです。好かれようとしなくても絶対的に必然的に人を惹くモノがあるからです。それでいいそれがいい、カリスマの2人がいるから離れられない。
裕ちんは無意識のうちに「好かれる」のがきっと上手なんだと思います、人が喜ぶことをするのが上手、それが普通。彼の普通。プロデュース力という彼の才能。「好いてもらう」「愛してもらう」じゃなくて、「好かれる」
村上様(って呼んでるの、呼ばせて。笑)は、感覚の天才だから、愛される天才だから、努力と元々持っているモノで自分で道を拓いた。負けても折れても立ち上がってとにかく走った。

と、我らが関ジャニの三馬鹿さんとエースは、なんらかの「天才」「カリスマ」であって、その才能を自らも気づかないような努力によって、開いてきたんだと仮定します。

じゃあ、じゃあ、関ジミさんよ。

安田くんは才能の男だと思っています。
歌の才能、楽器の才能、踊りの才能、演技の才能、喋る才能、ボケの才能、愛する才能、愛される才能って感じ。
でも彼は天才ではないなと。
「天才じゃない」ってところが安田くんぽい、三馬鹿さんエースくんとの違い?とか、勝手に。思ってます。安田くんもやっぱり凄い。
大倉くんは本当に努力の男よね、村上様にちょっぴり似通ってるような。
最初は何も持ってないような、何も無いところからスタートを切ったようなイメージで、とにかく練習とにかく練習。黙々と。って感じ。
勤勉って言葉がぴったり。いま腹黒イメージ定着しつつあるけど、笑
でも生真面目で、ダンスナンバーの練習の時は休まずに何度も振りを叩き込んで、ダンスの先生に聞いて、何度も何度も曲をかけて(ついでに横すば丸に「ええええ!!」と非難されて)、大倉くんの夢だったジャニーズ像をダンスナンバーで確実に捕らえてるのは、本当にかっこいいと思います。
丸山さんは、って考えたときに、自担なわけですよ、自担。
自担だと甘やかし過ぎちゃうか辛口過ぎちゃうか、正しく愛を書けないんだけれど、語る。語らせてくれ。

丸山さんは本来愛されたい欲求が人一倍あるんだと思います。
小さな頃銭湯でおばちゃんおじちゃんたちのアイドルだったとか。(なんか青い米印みたいなやつ、あれの出し方分からないのでこのエピソードは何で言ったとか書いてやらないんだからね、自分で調べろ!!!ていうか私は覚えてない!!!)
万人に好かれたくて一心にしたら折れかけちゃったのを村上様に助けられたとか(我らがヒーロー村上信五😭😭😭😭😭😭)

ファンサ王子なのは私が頭で言った、「相手を先に愛してる」ことからの結果じゃないかなと。丸山さんは本来、愛されたい人間。

そんな男が、愛されたい好かれたい、では通用しにくくなってきていて折れそう落ちそう、座り込みそうってときに村上様の言葉で助けられた。(らしい) (本人じゃ無いからわかんない)

で、いま。
丸山さんはメンバーに愛されて好かれて、ファンにスタッフに愛されて好かれて、今の「丸山隆平」がいる。「まるちゃん」がいる。


「圧倒的なアイドル性」
この、コラム?の、この言葉。
私はこれを見てとても誇らしかった。

「圧倒的なアイドル性」を持っているんだとしたら、丸山さんは「相手を先に愛する」人間だ、というのは間違いないってことだよね。そうだよね。

アイドルは、メンバーから、スタッフから、ファンから、世間から、好かれるのが職業なんだもの。

それが、天性か、努力か、勤勉か、の違いで、丸山さんの場合、愛されたい欲、で。良いんじゃないのかな。

丸山さんは人一倍愛されたい欲求の強い人で、紆余曲折ありましたがヒーローの言葉で肩の力を抜いて思う存分「相手を愛して」から、いま、圧倒的なアイドル性を持つ、アイドルになってる。

公私ともにアイドル。


ファンに「美味しい状態で食べていただく」ために頑張るし

いつ何時も気を抜いてはいけないし

カメラへ、ちゃあんとサービスするし

ファンサ団扇は見逃さないし

フライデーされたのが男友達とお花見に高級スーパーでお酒購入だし

何かを悪く言わない、嫌なことがあっても原因はまず自分、で。

悲しい、悩み、ショック、戸惑いそういう類のものを、ファンへ打ち明けてくれる。


なんか。
なんか、え、???わたしの自担、え?????爆裂かっこよすぎじゃね???????

「愛されたい」から、「圧倒的アイドル性」という「才能」を生み出して「天才」になった「丸山隆平」、かっこよすぎた。


日本語おかしい。笑




丸山隆平が好きです。
もう尊敬です。むりだ。好きだ。

貴方の「普通」は、他人から見ると才能かも、天才なのかもしれない。
貴方のその欲求やその葛藤が、誰かを幸せにしているかもしれない。




わたしは嘘をつきました。

題名と内容は関係ない、と言いましたが嘘です。
関ジャニ∞、と、丸山さんへの、ラブフォーリン、ってことですね。
見事にフォーリン。正直フォーリンって意味なんだったっけ???ってなってる。




貴方にとっても
素敵な1日に
なりますようにっっ!!!!